相続、遺言、遺産分割など、相続遺言に関するお悩みは信頼の弁護士へ/弁護士法人弁護士法人 大江戸下町法律事務所

弁護士法人 大江戸下町法律事務所

おきにいりに登録

  • HOME
  • 事件処理の方針

事件処理の方針

当事務所を選んでいただいた依頼者様により良い結果をもたらすように、当事務所では以下のような方針で事件処理を行っております。

依頼者様の立場に立って、粘り強く、あきらめないこと

当事務所が今まで受任した事件の中には、「依頼者様からお伺いした事実に基づけば、依頼者様の主張が通るべき案件であるが、証拠が不足しているため、依頼者様の主張を裁判所に認めてもらうことが極めて難しい事件」や「表面的に事実経緯を伺う限りでは、依頼者様の対応にも落ち度があり、依頼者様に不利な判決が予想されるが、依頼者様がそのような対応をした背景まで含めて考えると、依頼者様の言い分もある程度認めてもらうべきであるが、裁判所にそのように理解してもらうことが大変困難な事件」

さらには

「訴訟を進めていく中で、当初は予測していなかった、依頼者様に不利と思われる証拠を提出された事件」
など、依頼者様のご期待に沿うことが難しい事件も少なくありません。。

私は、弁護士として、このような事件を処理するときに最も大切なのは、「自分を選んでくれた依頼者様のために、何とかできないか。」と考え抜き、また、何度も何度も資料を読み込み、解決の糸口を探る等、粘り強く依頼者様のための努力を続けることだと思っています。

私は、「依頼者様に裁判官は二人いらない。」と思っています。

どういうことかというと、裁判官であれば、裁判所に提出された証拠に法律・裁判例を当てはめて結論を出せば足ります。
むしろ、一方の当事者に対する思い入れがあってはいけない場面です。

しかし、弁護士が「二人目の裁判官」になって、依頼者様の事件に対する思い入れに配慮することなく、「この証拠では勝てません。」と簡単に諦めてしまうようでは、依頼者様にしてみれば、弁護士に高額な費用を払い、また、弁護士の助言に従って膨大な労力を裁判のためにつぎ込み、さらに、長期間の裁判からくる精神的なストレスに耐えている甲斐がありません。

私は、そのようなときには、「仮に契約書がないのなら、それ以外に契約の存在を裁判官に認めてもらうための証拠を徹底的に探す、相手方の提出した書類の矛盾点等から、まだ裁判官に認識してもらっていない埋もれた事実を浮かび上がらせるための努力を尽くす等して、依頼者様に現状で得られる最良の結論をもたらすべきだ」と考えています。

ですので、当事務所では、「粘り強く、あきらめず、依頼者様のために最善を尽くす。」ことをモットーに事件処理を行っております。

 

わかりやすい説明

訴訟は、必ずしも勝つべき人が勝つとは限りません。

裁判官に「この人が勝つべき人だ」と思ってもらった人が勝ちます。

言い換えると、裁判というものは、「真実は自分が正しいのだから、勝訴して当然だ」というものではなく、「真実は自分が勝つべきであっても、その旨を証拠(特に書面)で立証して裁判官を説得しなければ、敗訴する事もある。」というのが現実です。

そうすると訴訟に勝つための弁護士の仕事は、依頼者様から丁寧に事情を聞き出し、証拠を集めて、裁判所を説得して、裁判所に「自分の依頼者様が勝つべき人だ」とわかってもらうことになります。

ところで、弁護士は法律や訴訟活動のプロですが、事件を一番知っているのは、弁護士ではなく、事件を体験した依頼者様です。

しかし、依頼者様は、訴訟に勝つために、自分が知っている事情のうち、どの事情が重要なのかはわかりません。
また、自分の主張を認めてもらうためにはどのような証拠が必要であるかもわかりません。
そのため、弁護士が上手に依頼者様から事情や証拠を引き出さなければ、勝つべき事件に負けてしまうということもありえます。

そして依頼者様から必要な事情や証拠を提供していただくためには、何よりも依頼者様ご自身が、「自分の事件では法律上何が問題となっており、自分の意見が認められるためには、どのような事実を、どのような証拠で立証することが必要か。」を理解していなければなりません。

そこで、当事務所ではわかりやすい言葉で、且つ、図、表、資料を多用し、依頼者様に問題点を理解していただけるまで説明をさせていただきます。

なお、相続では調停事件も多くありますが、調停の場合も、家庭裁判所の調停委員や相手の弁護士は、「調停がまとまらなくて、裁判や審判になった場合、裁判所はこのように判断する。」という予測をしながら調停を進めますので、依頼者様に問題点をご理解いただき、依頼者様から必要な事情と証拠を引き出すことが重要な点においては、裁判の場合と変わりがありません。 

 

打合せ内容の可視化

打合せの場で事件の検討をしている際に良いアイディアや方針が浮かんでも、数日経つと正確に思い出せないこともあるでしょう。

また、事件に役に立ちそうな資料を見つけたり、何かを思いついた時にメモをしても、いざ使おうとしたときに見当たらないということもあります。

さらに、打ち合わせや電話で、「この書類を探そう」「あの人に事情を聞こう」といったやるべきことを決めても、忘れてしまうこともないとはいえません。

そこで、当事務所では、せっかくの情報が散逸しないように、依頼者様に、弁護士が持っている事件ファイルのコピーを用意し、また、ファイルの冒頭にメモ用紙を綴じ込んでお渡ししています。当事務所では、この依頼者様用のファイルに、裁判所に提出された書類や、弁護士との打合せ時の板書をプリントアウトした書面をまとめて綴じこむようにしており、また、冒頭のメモ用紙に依頼者様が打合せの要点や、思いついたことを書きこむようにしていただいております。

そのため、依頼者様は、このファイルさえ見れば、事件がどのように進んでいるのか、自分が次に何をするべきなのか一目瞭然でわかるようになっています。また、情報をこのファイルにまとめることにより、依頼者様が折角思いついたことや打合せの内容を漏れなく検討して、訴訟等の事件処理に反映する事ができます。

 

事件処理経過の可視化

事件処理においては、裁判所に提出する準備書面を作成する、証人尋問の準備をするといった出来事の外に、関係者との電話での短時間の協議や、各種書類のやりとり、証明書の申請等の様々な処理を行います。

当事務所では、書類の授受・電話でのやりとり等その事件に関する処理経過を全て記録するようにしてあります。

このようにすることで、事務所では絶えず膨大な数の事件が同時並行で処理されていますが、処理の手順・段取りを適正化することができます。

また、当事務所では事件毎に事務局の担当スタッフを決めておりますが、このように処理内容を逐一記録することにより、仮に担当者が急病等で事務所を不在にしていても、「何をどこまで処理してあり、次にやるべきことは何か」が担当者以外でもわかるようになっています。

 

事件処理における検討経過の書面化

当事務所には、現在、弁護士としては、私の外に勤務弁護士が一人います。

こういった場合の両弁護士の関係として多くの事務所でみられるのは、所長弁護士が勤務弁護士に事件の処理を委ねて、ときどき勤務弁護士から報告を受けたり、勤務弁護士が作成した書面をチェックするというものです。

この方法でも、勤務弁護士が優秀であれば、事件処理に問題は特に起こりませんし、勤務弁護士に責任感を持って事件処理を行ってもらうために有益な面もあります。

しかし、所長弁護士がチェックするのは、出来上がった書面案ですから、勤務弁護士が何を検討して、何を根拠に判断した結果、その書面を作ったのかという、思考経過がわかり難いという欠点があります。

当事務所の場合、全ての事件について、私と勤務弁護士が、互いの思考経過・意見を書きあうフォーマットを用意しています。

ここには、裁判所に提出する書面に書くか書かないかを問わず、「このような点を検討してはどうか」「この証拠は、この点は有利だが、この点は従前の主張と矛盾しないか」「相手がこのような反論をしてきたら、この裁判例の基準をつかってはどうか。」等、事件処理について思いついたことを互いに書き込むようにしています。

これにより、

1 少なくとも私と勤務弁護士が思いついたことは全て書面に反映すべきか検討されます。

2 互いの事件処理に対する考え方、証拠の見方を公開するので、互いのノウハウを短期間で吸収しあうことができます。

つまり、私は勤務弁護士から私が気付かなかったり見落としていた新たな視点を得ることが容易になりますし、勤務弁護士も私の事件処理に関するノウハウを短期間で吸収できます。

3 また、この書面は随時書き込んで更新し、この書面を基に弁護士同士が議論をしますので、所長弁護士が一方的に出来上がった書面をチェックするよりも、議論が深まりやすくなります。

4 そして、これが一番大事なことですが、このようにして掘り下げた事件検討により、依頼者様に対して、当事務所が提供できる最良の事件処理を提供することが可能になります。

 

事務所スタッフのスキルアップ

上記の弁護士同士の研鑽方式は、事務局にも採用しています。

事務所には、市販の事務処理用のマニュアルや事務処理のための各種書籍を揃えておりますが、実際に実践して初めて気付くような、「細かいが、効率アップのために重要な情報」は書籍には記載されていません。

このような情報は、各スタッフのノウハウとして、各スタッフの頭の中に、他人には見えない形で積み上がっていくことがほとんどです。

しかし、それでは、互いのスタッフのノウハウについて、より効率的な方法があった場合に、改善していくことは難しいですし、事務局内においてノウハウを共有することも難しくなります。

そこで当事務所では、事務処理に関する各種書籍とは別途、事務所特製のマニュアルを用意して、全事務スタッフが、随時気づいたことを書き足して更新していくようにしております。

これにより、一人の事務スタッフの経験や意見を全ての事務スタッフが共有することができますし、新人スタッフも短期間でスムーズに実務に馴染むことができます。

もちろん、マニュアルは絶えず更新しておりますので、事務所全体の事務処理能力の向上に大変役に立っております。

 

各弁護士個人の研鑽

当事務所は各弁護士・各スタッフのノウハウを全員で共有できるシステムを導入していますが、各弁護士が研鑽を積まなければ、事務所として提供するサービスは向上しません。

そのため、当事務所の弁護士は、各種の勉強会(弁護士向けの研修、弁護士同士の勉強会、学者等を交えた研究会等)に積極的に参加しております。

また、講義・講演活動の準備等を通じて法改正・裁判例のチェック等も常時積極的に行っております。

さらに、当事務所では毎日のように最新の論文が掲載された各種法律雑誌等を購入しておりますが、これらが皆様の事件処理に漏れなく反映されるよう、データベース化して共有しています。


相続・遺言に関することなら弁護士へ!

事務所紹介

弁護士紹介

相続遺言無料相談

サービス内容と料金

事務所アクセス


弁護士法人 大江戸下町法律事務所の相続相談は初回無料です!お気軽にご相談下さい

メニュー

弁護士法人 大江戸下町法律事務所オフィシャルサイト 事務所所在地
東京本部
〒110-0005
東京都台東区上野3丁目23番6号
三菱UFJ信託銀行上野ビル8階

千葉支部
〒260-0015
千葉市中央区富士見1丁目14番13号
千葉大栄ビル7階

柏支部
〒277-0852
千葉県柏市旭町1丁目1番地5号
浜島ビル8階


図書.png本20001.png200.pngkeji-3.png 大江戸下町法律事務所 自己破産サイト
〒110-0005 東京都台東区上野3丁目23番6号 三菱UFJ信託銀行上野ビル8階
Copyright(c)2011 大江戸下町相続相談所 All Rights Reserved.