相続、遺言、遺産分割など、相続遺言に関するお悩みは信頼の弁護士へ/弁護士法人弁護士法人 大江戸下町法律事務所

弁護士法人 大江戸下町法律事務所

おきにいりに登録

法定相続

ここでは法定相続についてご説明します。

法定相続とは、被相続人が遺言を残さずに亡くなった場合、民法により決められた相続人へ決められた相続分が渡ることを言います。

遺言が残されなかった場合は、原則としてすべてこの法定相続に順ずることになります。
(注)遺産分割で異なる割合を決めることは出来ます。

被相続人(=相続される人)が亡くなったときに、相続する権利がある人を法定相続人と言います。
この権利は、民法で定められており、以下の人が法定相続人になることができます。

1. 配偶者(夫からみれば妻、妻からみれば夫)

ただし、婚姻関係のない内縁の妻や、愛人には相続権がありません。
配偶者である限り、以下の、「2」~「4」の存在にかかわらず、相続権があります。

2. 子供(=実子)、養子、内縁の妻や愛人の子供、胎児、あるいは孫、ひ孫

これらの人を直系卑属(ひぞく)といいます。
民法では、子供や養子が何人いても全て法定相続人とみなします。嫁にいこうが何しようが、子供である限り相続人です。勿論長男だと独り占めということもありません。

しかし養子については、相続税法上では被相続人に子供がいる場合、法定相続人としては1人だけが認められ、子供がいない場合は2人までが認められます。
簡単にいうと、相続税法上では養子については、1人あるいは2人までしか税金の控除がないということです。(民法上の相続分は養子でもあります。又、よく間違えられますが、養子に入り姓がかわっても、元々の実親に対する相続権はあります。)

3. 父と母、あるいは、祖父母

直系卑属が誰もいないときに、相続人になることができます。
父と母がいないときは、祖父母が相続人になり、これらの人を直系尊属といいます。

4. 兄弟姉妹、あるいはその子供

被相続人の直系卑属や直系尊属が、誰もいないときにはじめて相続人となることができます。 
以上が法定相続人となることができる人です。

 

相続人と法定相続分について

相続人

法定相続分


相続・遺言に関することなら弁護士へ!

事務所紹介

弁護士紹介

相続遺言無料相談

サービス内容と料金

事務所アクセス


弁護士法人 大江戸下町法律事務所オフィシャルサイト 事務所所在地

東京本部
〒110-0005
東京都台東区上野3丁目23番6号
三菱UFJ信託銀行上野ビル8階

千葉支部
〒260-0015
千葉市中央区富士見1丁目14番13号
千葉大栄ビル7階

柏支部
〒277-0852
千葉県柏市旭町1丁目1番地5号
浜島ビル8階

 

図書.png本20001.png200.pngkeji-3.png 大江戸下町法律事務所 自己破産サイト
〒110-0005 東京都台東区上野3丁目23番6号 三菱UFJ信託銀行上野ビル8階
Copyright(c)2011 大江戸下町相続相談所 All Rights Reserved.