相続、遺言、遺産分割など、相続遺言に関するお悩みは信頼の弁護士へ/弁護士法人弁護士法人 大江戸下町法律事務所

弁護士法人 大江戸下町法律事務所

おきにいりに登録

限定承認

限定承認とは、相続財産の中にプラスの財産とマイナスの財産があった場合にプラスの財産の範囲内でマイナスの財産も相続し、それ以上のマイナスの財産は相続しないという方法です。 


限定承認をする場合は、以下のような手続きが必要となります。 

1・相続人全員の総意が必要となります。 

2・相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に「限定承認の申述審判申立書」を家庭裁判所に提出します。 

※限定承認は単純承認に比べ、無限責任ではなく有限責任という大きなメリットがあるため、利害調整が必要だと考えられており、手続きが複雑になっています。

単なる身内間の意思ではなく、「家庭裁判所」に申述が必要であることが要注意です。  

限定承認が有効なケースとしては、以下のようなものが考えられます。 

 ・債務が超過しているかどうかはっきりしない場合。 

 ・家業を継いでいく場合、相続財産の範囲内であれば債務を引き継いで良いという場合。 

 ・どうしても相続したい相続財産があるような場合。 

 ・家宝等の特定の相続財産を相続したい場合。 

いずれにしても、相続が発生した早い段階から相続人、相続財産を調査して、相続した方がよいのか、するべきではないかの判断ができる状態を作ることが重要です。 

 


3つの相続方法

単純承認

限定承認

相続放棄



相続・遺言に関することなら弁護士へ!

事務所紹介

弁護士紹介

相続遺言無料相談

サービス内容と料金

事務所アクセス


弁護士法人 大江戸下町法律事務所オフィシャルサイト 事務所所在地

東京本部
〒110-0005
東京都台東区上野3丁目23番6号
三菱UFJ信託銀行上野ビル8階

千葉支部
〒260-0015
千葉市中央区富士見1丁目14番13号
千葉大栄ビル7階

柏支部
〒277-0852
千葉県柏市旭町1丁目1番地5号
浜島ビル8階

 

図書.png本20001.png200.pngkeji-3.png 大江戸下町法律事務所 自己破産サイト
〒110-0005 東京都台東区上野3丁目23番6号 三菱UFJ信託銀行上野ビル8階
Copyright(c)2011 大江戸下町相続相談所 All Rights Reserved.