相続、遺言、遺産分割など、相続遺言に関するお悩みは信頼の弁護士へ/弁護士法人弁護士法人 大江戸下町法律事務所

弁護士法人 大江戸下町法律事務所

おきにいりに登録

相続放棄とは

現在のような不景気の場合、「多大な借金を相続してしまった」というケースも増えております。


そのような事態を防ぐために、相続人がそれら財産や借金の相続を一切引き継がない」と申請することができます。
その申請することを「相続放棄」といいます。


相続放棄ができる期間はたったの3ヶ月・・・・!?

相続放棄は、通常の場合は、被相続人が亡くなったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立をしなければいけません。


相続放棄をするかどうかを判断するためには、相続人が財産、借金のどちらが多いのか調査してその内容を把握する必要があります。
その、調査期間として、「3ヶ月」の期間が設けられているわけです。


3ケ月を過ぎた場合の相続放棄

3ケ月を過ぎてしまった場合でも、条件がそろえば3ケ月を過ぎても相続放棄をできる可能性はあります。

相続放棄は相続が起きて(親族が亡くなられて)から3ヶ月以内にするのが通常ですが、例えば、「亡くなったことを知っていた。自分が相続人であることも知っていた。ただ、借金があることを知らなかったから相続放棄はしなかった。」というケースの場合、最高裁判所は相続放棄を認めました。

昭和59年4月27日、最高裁判所は下記のように判断をしました
死亡という事実および自分が相続人であることを知った場合でも、被相続人に相続財産が全く存在しないと信じており、かつ、相続人においてそのように信ずるについて相当な理由があると認められる場合には、相続人が相続財産の全部若しくは一部の存在を認識したとき又は通常これを認識し得べかりし時から起算される。

要するに、3ヶ月を過ぎても、借金があったことを知ってから3カ月以内なら、相続放棄を認められる場合があるということです。

また、相続放棄を申請して通らなかったとしても法律で罰せられるわけではありません。

3ヶ月を過ぎたからといって相続放棄を諦めずに、早急に経験豊富な専門家に相談しましょう。


3つの相続方法

単純承認

限定承認

相続放棄



相続・遺言に関することなら弁護士へ!

事務所紹介

弁護士紹介

相続遺言無料相談

サービス内容と料金

事務所アクセス


弁護士法人 大江戸下町法律事務所オフィシャルサイト 事務所所在地

東京本部
〒110-0005
東京都台東区上野3丁目23番6号
三菱UFJ信託銀行上野ビル8階

千葉支部
〒260-0015
千葉市中央区富士見1丁目14番13号
千葉大栄ビル7階

柏支部
〒277-0852
千葉県柏市旭町1丁目1番地5号
浜島ビル8階

 

図書.png本20001.png200.pngkeji-3.png 大江戸下町法律事務所 自己破産サイト
〒110-0005 東京都台東区上野3丁目23番6号 三菱UFJ信託銀行上野ビル8階
Copyright(c)2011 大江戸下町相続相談所 All Rights Reserved.