相続、遺言、遺産分割など、相続遺言に関するお悩みは信頼の弁護士へ/弁護士法人弁護士法人 大江戸下町法律事務所

弁護士法人 大江戸下町法律事務所

おきにいりに登録

遺言書の種類

遺言は、自分の財産を託す法的な手段として生前に行われるものです。

そして、遺言の種類には通常以下の通り3種類があります。

自筆証書遺言

公正証書遺言

秘密証書遺言


自筆証書遺言

自筆証書遺言とは、本人が本文の全文・日付・氏名を自筆で書いた書面に捺印したものです。
さらには読み取れる字で、理解できる文言を用い、法的に有効でなければなりません。

用紙は特に指定はありませんが、ワープロ文字や代筆は認められず、必ず自分で書かなければなりません。パソコンでの文書作成に慣れている人は注意が必要です。

自筆証書遺言のメリット

・費用が掛からない

・いつでも簡単に作成することができる

・証人が不要であり、1人で作成できる

・遺言書の存在と内容を秘密にできる。

自筆証書遺言のデメリット

・様式に不備があると無効になる可能性がある

・遺言執行の際に、遺族らは家庭裁判所で遺言書の検認を受けなければならない。

・紛失や隠匿、改ざんのおそれがある。

・遺言書が発見されないおそれがある。

・何かの時に、故人の意思の有無、強制されて書かされていないか等、争いになりやすい。


公正証書遺言

公正証書遺言は本人と証人2名が公証人役場に出向いて、公証人に対して遺言の趣旨を口述(筆談・手話通訳も可)します。(公証人は出張もしてくれます)

遺言者が口述した内容を公証人が筆記します。

それを遺言者と証人2人に閲覧または読み聞かせたうえで、その内容に間違いがないことを確認し、遺言者・証人2人・公証人が署名押印します。

遺言書の原本(署名押印のあるもの)は公証役場で保管され、遺言者には遺言書の正本と謄本(中身は原本と同じ)が交付されます。

公正証書遺言は、証人2名の立ち会いが必要ですが、方式や内容の不備という問題はなくなります。
また遺言書の原本は公証役場で保管されるため破棄・変造のおそれはなく家庭裁判所での検認手続も不要となります。

公正証書遺言のメリット

・公証人が作成するので「内容」や「形式の不備」といった問題はなく、最も確実に遺言を残すことが出来る 

・開封時の家庭裁判所の検認が不要(手続きや費用が浮く)

・公証人役場に原本が保管されているので、正本、謄本を紛失しても再発行請求ができる

・後になって、故人にその意思がなかったなどという争いをおこされにくい。

公正証書遺言のデメリット

・公証人手数料などの費用が掛かる

・2名の証人が必要となる

・遺言の内容と存在を完全に秘密にすることはできない
 (但し、証人を信用できる人にすれば、公証人には守秘義務がありますから、もれることはありません)

公正証書遺言には上記のようなデメリットもありますが、確実な遺言を残すためには公正証書遺言を作成することが望ましいでしょう。

特に弁護士の目から見れば、後々故人の遺言作成時の能力が問われることが最も多いので、「公証人の目の前で作ったのだから、故人に問題はなかった」といえる公正証書遺言の方が絶対に望ましいといえます。


秘密証書遺言

公正証書遺言と同じように公証役場で作成するのですが、遺言書の内容を密封して公証人も内容を確認できないところが相違点です。

秘密証書遺言のメリット

・遺言内容の秘密を確保できる

・公証されているから偽造・変造のおそれがない

秘密証書遺言のデメリット

・公証人が遺言内容を確認できないので、形式不備などによる遺言無効のリスクがある。 

・証人2名が必要になる 

・費用がかかる

(注)秘密証書遺言の件数は非常に少ないと考えられています。
 


遺言書に関して

なぜ遺言書が必要か?

遺言書の種類

遺言書の書き方

遺言書の保管

遺言書が見つかったら

 


相続・遺言に関することなら弁護士へ!

事務所紹介

弁護士紹介

相続遺言無料相談

サービス内容と料金

事務所アクセス


〒110-0005 東京都台東区上野3丁目23番6号 三菱UFJ信託銀行上野ビル8階
Copyright(c)2011 大江戸下町相続相談所 All Rights Reserved.